はげでもかっこいい似合う髪形

はげてくると、それがコンプレックスとなって今までのようにお洒落をすることにもやる気が失せてしまうかもしれません。ですが、著名な俳優や有名人の中には、しっかりはげているのにかっこいい人がいるのも事実です。

ではそれらの人のどんな要素がはげているにも関わらずかっこ良く見えるのかをまず検証してみたいと思います。

はげでもかっこいい要素
はげでもかっこいい人は共通して以下のポイントがあります。

○髪の毛は当然、眉毛やヒゲも手入れされている
○はげを隠そうとしている感が無い、自然な髪型
○清潔感がある

眉毛やヒゲをしっかり手入れするだけで見た目の印象はぜんぜん変わります。
例えばはげを売りにしている芸人さんについて考えてみてください。
彼らを見ても不快な印象を受けないのはなぜでしょうか。理由の一つはヒゲや眉毛がきれいに整えられているからです。

当然ながら眉毛やヒゲ以前に髪の毛の長さに気をつけてください。通常はげてくると頭頂部が薄くなるため頭の両側の方がボリュームが大きくなりがちです。頭頂部のボリュームに合わせて両サイドの髪の毛を適宜調髪しましょう。

自然な長さ
はげた部分を髪の毛で隠したいのは当然の気持ちですが、不自然にならないように注意してください。

見た目のヘアスタイルと実際のはげの進行度とにギャップがあるのは危険です。
例えばおでこの広大なはげを隠すために頭頂部から”前髪”を長く伸ばしておでこに持ってくることで、一見すると全くはげていないように見せることができるかもしれません。

しかし、ふとした瞬間に前髪の切れ目から広大なおでこの一部が見えてしまったらどうでしょうか。
周囲の人を驚かせてしまうかもしれません^^;

またこのようなヘアスタイルは本人の精神衛生上もあまりよくないと思います。
はげてることに気づかれないかといつも周囲の目を気にしてしまうかもしれません。

ストレスは頭皮にもよくありません。

これらのことを考えると髪の毛の長さをはげを隠すために極端に伸ばすのはデメリットがあります。

はげをほんの少し隠すくらいが他の人からの印象も良いでしょう。
イメージとしては実際のはげの進行度よりも2割か3割くらい増しで髪の毛があるように見せるセットをするのが理想ではないでしょうか。

例えば広がったおでこを隠したい場合は髪の生え際から2~3センチほど下まで前髪でおでこを隠します。
もし5センチ以上おでこを隠そうとすると危険かもしれませんね^^;

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ