対策次第で延命できる

kazuさん 37歳

頭髪についての悩みは、大きく分けて二つあり、思春期の頃は、くせ毛がひどく、前髪が特に内巻きになるのが気になっていました。中学生あたりから、そのくせが出始め、高校生で最もひどくなったので、高校の時はストレートパーマを何度かあてました。ストレートパーマをあてることで、とりあえず内巻きは改善されましたが、ストレートパーマ独特の不自然な直毛になることで、髪型が決まらず、違った悩みがありました。くせ毛の悩みは、二十歳ごろにはましになりましたが、二十代後半から、前の生え際が少しずつ後退していくように感じています。

くせ毛対策は、ストレートパーマをあてることで一定の改善が見込めたので、ここでは省略します。
前髪の生え際の後退に対する対策としては、主に3通りの対策を実施しています。
一つは、専用シャンプーを使うことです。シャンプーはスカルプDを使用しています。現在5年ほど使用しています。次に試したのは、育毛剤です。それは2種類試しており、トニック系の爽快感のあるタイプと、髪の毛に栄養を与えるような薬品系を、ともに月に数回程度使用しています。毎日使用することも考えましたが、少し刺激が強いように感じるためです。
そして、もう一つがマッサージです。それはどちらかというと前髪というより、頭皮全体のマッサージで、頭皮を柔らかくすることを目的として、ほぼ毎日実施しています。

肝心の効果ですが、複数の対策を実施しているため、どれがどう影響しているかの切り分けはできませんが、個人的には、シャンプーが最も効果があるように思います。スカルプDは、頭皮の脂分をほぼ完全に取り除くことができる印象があり、使用して実際に髪の毛が少し強くなったように感じますし、全体の抜ける本数が減っている実感はあります。その一方、育毛剤は、どのくらい効いているのかあまり体感することはありません。ただ、トニック系の育毛剤は、爽快感があり、マッサージと同時にするので、血行がよくなっている印象があるため、全く効果がないとは思いませんし、気持ちがいいので、頭髪に関するストレスを一瞬忘れさせてくれるような別の効果はあるのではないかと思います。
マッサージについても、育毛剤と組み合わせることで、より血行をよくすることができると思うので、良い方向に作用しているように感じます。
頭髪に関しては、父親の遺伝では薄くなる方向なので、非常に気にしている問題ではありますが、複数の対策をすることで、少し気になり始めてから十年ほど経ちますが、現時点では前髪の後退は少し止まっている感じがします。この調子で、複数の対策を続けていきたいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ