成長因子配合育毛剤の効果とお勧めの育毛剤

最近何かと話題の「成長因子」

育毛剤や育毛製品にも成長因子が配合された物が数多く出てきました。

成長因子が注目されているのはなぜなのか?成長因子は育毛にどれほどの効果をもたらすのでしょうか?

また下記では成長因子配合の育毛剤も紹介しています。

薄毛の闇に光?

薄毛の暗闇に朗報がもたらされたのは1960年代。アメリカでミノキシジルとフィナステリドという二つの成分の効用が明らかになり、薄毛に悩む人々に光がもたらされたのです。この二つの発見はまさに「育毛ネッサンス」ともいえるでしょう。

このようにいいことずくめに思えたミノキシジルとフィナステリドでしたが、その後の研究で、用い方によっては重大な副作用も起こることが明らかになってきたのです。

もともと高血圧や癌の治療に用いる薬ですので、肝機能障害、男性不妊症、頭皮の強い痒み、急速な体重増加、不整脈などの副作用があります。日本での市販化商品リアップ使用中に循環器疾患で三名の方が死亡するという事例が報告されています。

再び小さな光が

そこで現在、前述の二つの成分以外の成長因子(グロースファクター)配合の育毛剤が多数開発されています。
日本の楽天ランキング市場「育毛・養毛剤ランキング」(2016年1月時点)を見ても、

ポリピュア(シーエスシー)
チャップアップ(ソーシャルテック)
スカルプ(アンファー)
ブブカ(TSコーポレーション)
ルプルプ(Jコンテンツ)
Deeper3D(アルファウェイ)

など優に300を超える商品がランクされており、育毛剤各社が研究にしのぎを削ってる状態です。

上記育毛剤の中でDeeper3Dルプルプには成長因子が配合されています。

成長因子配合育毛剤とは?

これらに共通するのは、ミノキシジルとフィナステリドを使用せず、男性脱毛症の原因になっている5αリダクターゼという酵素の働きをいかに抑制するかという点に力を入れている点です。

「センブリエキス」や「マロニエエキス」「フコイダン」「プラセンタ」「オウゴンエキス」など自然由来の成分の組み合わせで同じ効果を得ようとしています。

どれも二つの成分に比べると効果は低くなりますが、強い副作用の心配をせずにヘアケアできるというメリットがあります。これから育毛活動を、と考えておられる方は、ミノキシジルやフィナステリドの治療の前に、これらの商品を試してみることをお勧めします。

髪とこころの「成長因子」

さて、いかがでしょうか?確かにミノキシジルとフィナステリドには治療効果がありますが、これから社会人として様々な人生のステージを経験されていく年齢の方にお勧めするのは?と考えてしまいますね。

ご存知のように「ストレス」は発毛・育毛の最大の敵の一つです。副作用の心配、めまいや疲労感、生殖機能への影響を考えながらモリモリと育毛に取り組めるか?答えはNOです。

効果は少し低くても、上質のヘアケアを生涯継続することによって、生活の質を向上させるほうがずっと髪に、そしてこころに良いと思いませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ