生え際が痛い!考えられる原因と対策 ハゲ薄毛への影響は?

生え際がヒリヒリとじんわり痛んでいますか?

痛みのある頭皮は赤くなっているでしょうか。

このような場合頭皮が炎症していることが考えられます。

どんな原因が考えられるのでしょうか。またどのように対策したらよいでしょうか。

生え際の炎症の原因

考えられる原因には脂漏性皮膚炎や乾燥肌により皮膚のバリアが低下し刺激を受けやすくなっていることが考えられます。

脂漏性皮膚炎を引き起こす原因には、ビタミン不足やストレス、内臓の疾患などによるものだそうです。

また肌の乾燥による炎症の場合は洗浄力の強いシャンプーの使用や、湿度の低い乾燥した場所に長時間居ることなどが関係しています。

他にも肌を刺激する外部要因として、ワックスやハードスプレーなどが頭皮に付着することや、ヘルメットや帽子をかぶることなどが挙げられます。

生え際の炎症の対策

炎症が引かないようでしたら皮膚科などで診てもらうのが一番確実な方法です。

またシャンプーが原因と思われる場合、刺激の少ないアミノ酸シャンプーを使ってみることができます。

帽子やヘルメットのムレによる炎症の場合それらを被らないことができますが、仕事などでどうしても被る必要がある場合、帽子やヘルメットを清潔な状態に保つことや、やはり低刺激のシャンプーで皮脂や汚れを適度に洗い落とすことがきます。

ハードスプレーなどは頭皮に付着しやすいのでなるべくなら使わない方がいいですよね。

実は私もハードスプレーを使って髪形をセットしたいときがあるのですが(M字ハゲでもかっこいい髪型にするにはの記事を参照)、ハードスプレーを生え際につけてしまうとヒリヒリ痛むことがあり、育毛に良くないなあ(笑)と思いながらつけています。

それで私の場合は美容師さんに教えていただいたのですがなるべく頭から離して「頭の上に撒く」イメージでつけるようにしています。

こうすることで生え際など頭皮への付着を最小限にすることができます。

生え際の痛みと薄毛の関係

生え際は薄毛になりやすい部分の一つですが、炎症をともなう痛みの場合、髪の毛の育毛上よくはありません。

むしろ薄毛を促進する原因となってしまいます。

一度後退した生え際を復活させることは簡単ではありません。

それで生え際の後退が気になる方はまずは痛みの原因を突き止めてケアすることが育毛の第一歩になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ