育毛剤よりも病院やクリニックで治したほうが効果がある?

薄毛になると、なんとなく周りの人の視線が少し気になるものです。
相手の目線が自分の目ではなく、少し上の方に向いていることに気付いて冷や汗をかいたことはありませんか?
でも、薄毛の初期の本格的な対策の重要性は意外に軽視されることが多く、気付いた時にはもう遅い!というケースが多いのも事実なのです。病院やクリニックに行くのは面倒だし、ほかの人に説明するのも何だかな・・・と思って、そのままにしてしまうケース、また育毛剤や頭皮マッサージをやってみたけど思ったほど効果がない、そもそも薄毛は治らないのでは?と思ってしまう事も多いようです。でもここであきらめるか、それとも少し時間をとって育毛方法について比較検討するかは、その後の毛髪の一生と自分の一生を変える転機となることもあるのです。

初期対策がその後の人生を変える!?

●毛髪の一生を理解しよう
●育毛ではなく発毛
●毛髪にもかかりつけ医を

あなたは最近薄毛が気になり始めたところですか?
もしそうであれば、今、もう少し時間をとって真剣に調べてみることをお勧めします。のちに自分の人生を振り返った時に、あなたはきっとそうしてよかったと思うはずです。

毛髪の一生を知る

今、まずすべきこと、それは「髪の毛にも一生がある」ことを理解することです。これを毛周期(ヘアサイクル)と言います。毛周期とは「早期成長期」→「中期成長期」→「後期成長期」→「退行期」→「休止期」→「脱毛 」の6つの期間から成り、毛周期は数年?数十年!に及ぶこともあります。実はその中でも特に大切なのが「早期成長期」つまり発毛するまでの期間なのです。

大切なのは育毛より発毛

丈夫に成長する毛髪が生えない原因は大きく分けて二つ。遺伝的に5αリダクターゼ(男性ホルモンと結合することで、男性ホルモンをより強力にする酵素)が生成されやすい体質の場合。この男性ホルモンが多いと、頭髪の細胞分裂が減ってしまい、発毛しても抜け落ちてしまいます。もう一つは生活習慣ですが、実はこれも育った環境によって習慣付けられるため、自分や家族だけで客観的に問題を把握するのは難しいといえます。

毛髪にもかかりつけ医を

このように薄毛の原因は頭皮だけではありませんので、治療方針の決定に際しては、高度な医療的知見と経過の継続的観察が必要とされます。それでまずは一度発毛クリニックで医師の診断を受け、自分の財産ともいえる毛髪の特性を理解した上で、治療方針を決定するのはどうでしょうか。そうするなら、後々自分の人生を振り返った時に、きっとそうしてよかったと思えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ