薄毛対策のシャンプーの仕方

agdさん 30歳

父、祖父が薄毛だったので、将来自分も薄毛になるだろうと小さいころから周りに言われており、髪を洗うと抜け毛が結構出ていてそのことについてもはげるはげるといわれていました。

そのため、なるべく頭頂部などはあまり力を入れずに洗っていました。

薄毛にならないための対策としてまずは皮膚科の医師が進めているというシャンプーを購入しました。そのシャンプーは市販されているものより高価だったのですが、一回使ったら頭皮がかゆくなり自分の肌にはあっていないものでした。その後、シャンプーは普段使っていたものに戻しました。

それから、それまで行っていた床屋がやめてしまい、別の床屋に行ったときのことです。その床屋で頭皮の状態を見せてもらい、毛穴に脂がたまっている状態だと指摘されました。

その時に、シャンプーの仕方について教えてくれました。髪を洗うのではなく、頭皮を洗うように意識して、指の腹の部分で、髪の生え際から頭頂部に向かうなど下から上に、頭皮をマッサージするようにして洗うようにすると毛穴の脂がとれやすいと教えられました。

また、せっかくシャンプーをしてもそれが残っているとかゆみの原因となるので頭皮を洗った以上の時間をかけてシャンプーを洗い流すように教えられました。それと、リンス入りシャンプーは使用しないようにも教えられました。

その洗い方を試して次に床屋に行ったときにも頭皮の状態を見せてもらったのですが、毛穴にあまり脂がたまっていないということでした。

また、シャンプーするときに毛は抜けるのですが、抜けている毛は太いものが多く、細いものはあまり見なくなりました。

育毛剤の効果画像

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ