頭皮ニキビに育毛剤は効果あるのか

頭皮にニキビができることありませんか?
ニキビができると毛穴の入り口が狭まり、皮膚表面に出るはずの皮脂が毛穴の中に貯まっていきます。

特に男性の場合、女性に比べ男性ホルモンが多く分泌されます。男性ホルモンは皮脂分泌を活発にさせ、その上皮膚の角化を促す働きがあります。

しかも男性ホルモンはストレスなどにより分泌が高まることが知られています。

頭皮ニキビは痛痒くてとても気になるものですがそれだけでなく、厄介なことにニキビができて毛穴が詰まると毛穴から髪の毛が生えなくなる、あるいは生えてくる本数が減るのでは?と心配になります。それが頭頂部や前頭部だとなおさら不安になってきますね。

頭皮ニキビができたら?

頭皮ニキビがある場合に気を付けたい事①ブラッシング②育毛剤は使わない③シャンプー選び

ブラッシングは頭皮マッサージのつもりで行うことができます。
頭皮に痒みがある場合どうしても無意識にヘアブラシで何度も掻いてしまうことがります。そうすると頭皮を傷つけることになります。ぜひブラッシングを頭皮マッサージのつもりでやってみましょう。

頭皮ニキビがあるときは育毛剤は逆効果

頭皮が炎症している状態は、髪の毛の健全な育成を阻みます。ですから育毛剤は頭皮が炎症している状態で使うことは勧められていません。

まずはしっかりニキビを直し、治ったら育毛剤で薄毛予防しましょう。

頭皮ニキビには頭皮ケア用のシャンプーを

シャンプーは大きく分けると石鹸系、アルコール系、アミノ酸系の三つに分けることができます。
●石鹸系-洗浄力が強い。皮脂をとりすぎてしまうことがあります
●アルコール系-泡立ちがよく程よい洗浄力。市販のシャンプーのほとんどはコレ。
●アミノ酸系-洗浄力は落ちるが刺激が弱い。

もしアルコール系シャンプーを使っていて頭皮ニキビが改善しない場合はアミノ酸系に変えてみるのもよいかもしれません。特に乾燥肌の方にはおススメです。

例えばTSコーポレーションのBUBUKA(ブブカ)や(株)アルファウェイのモンゴ流などからは頭皮にやさしいアミノ酸系スカルプシャンプーが発売されています。

まとめ

頭皮ニキビを作らないコツは、刺激の少ない良いシャンプーを使って皮脂をじっくり落とすことと、洗髪後はドライヤーでしっかり乾かし、頭皮を清潔に保つことです。ニキビが治ったら、いよいよ次は育毛です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ