頭部戦線異常なし!

todoさん 34歳

30代を過ぎ、後退という言葉が違う意味に聞こえてくる昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
20代の頃には髪をいたわるなんて考えもなく、
中年のオジサンが少なくなった髪を、まるで捨てられるのを必死に追いすがる恋人かのように未練タラタラな姿は
若い自分には女々しく映ったものでした。
どうせ少なくなったのなら、いっそバッサリと丸坊主にして、
サングラスにヒゲの強面で行こうかと思っていました。

父親も私が小さい頃は同様の意見で、いつかパパは丸坊主になっちゃうのかと、子供ながらに心配したものでした。
そういう父親もなんとか生き残りは確保できたものの、
頭部戦線は後退を余儀なくされ、残った兵を大切に大切にしております。
当時の公約は何処かへ消え失せ、それを母に笑われる。そんな我が家です。

そんな父を見ているに、自分の将来がだいたい見えたような気がして、なんとも言えない気持ちになっています。
我が頭部戦線もかのように後退を余儀なくされるのだろうか。
母の言葉もあり、対策は若いうちがいい。
まだまだお前は、父が対策し始めた頃より若い。
そう聞いて、少しは希望が湧いてきました。
同じ過ちは繰り返さない。そう誓って対策を取るのでした。

しかし対策といえども、よい情報もなく。
いきなり育毛剤や、増毛に行くのも変な話で。
馴染みの床屋で聞いた頭皮マッサージを黙々とする昨今です。

結果はそうすぐ出るものではないにせよ、目に見えて減っているわけではないので、効果はトントンか現状維持か。
戦線を押しとどめている状況なんでしょう。
まだ若いうちに気づけてはいるので、今後、もっとよい情報があれば試すのでしょうし。結果も出るでしょう。
まだ自分の戦いは終わっていません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ