Deeper3Dの効果!育毛剤を越える確たる根拠まとめ

Deeper3Dを使い始めてしばらく経ちました。
この育毛美容液の効果について実体験を踏まえてまとめました。

まず医薬部外品の育毛剤を使用した管理人の毛髪の改善結果をご覧ください。

育毛剤効果ビフォーアフター

この期間は医薬品ミノキシジルと同等の育毛パワーがある「M034」配合育毛剤を使用していました(チャップアップ、ブブカなど)

Deeper3Dはそのミノキシジルの3倍の効果が確認された「キャピキシル」という成分が配合されています。

つまりDeeper3DはミノキシジルやM034育毛剤以上の効果が期待できるわけです。

この育毛美容液を使い続ければ上記の結果以上の育毛効果が得られると思い私も購入しました。



Deeper3Dの特長[キャピキシル+成長因子]

Deeper3Dの特長は「キャピキシル」が配合されている他に「成長因子8種類」が配合されていることです。

そしてミノキシジルのような副作用の心配がありません。

Deeper3Dにはキャピキシルが5パーセント含まれており、他の育毛剤と比較しても最高濃度です。

さらにこの育毛液には再生医療の観点から開発された毛髪の成長因子が配合されています。

成長因子は主に細胞の分裂を増殖させる働きをします。

これは成長が弱くなった髪の毛の成長を強めるだけでなく、髪がなくなった毛穴に新しい毛髪の「種」を蒔き、成長させるのを助ける作用があります。

成長因子を注入する方法は病院やクリニックでの薄毛治療でも行われる方法です。

成長因子が8種類も入っているDeeper3Dを使って自宅で高水準のケアができるのです。

私は今主にM字はげ・生え際の復活のためにDeeper3Dを注入していますが手ごたえを感じています。

毎日鏡で育毛効果を確認するのが楽しいですし、数ヵ月後の変化も楽しみです。

別記事:Deeper3Dを数ヶ月使用した結果

育毛効果を徹底的に追求

あとDeeper3Dの凄いところは医薬部外品の育毛剤以上に育毛効果を追求した商品であることです。

多くの育毛商品は医薬部外品に指定されています。医薬部外品に指定されている育毛剤は国のお墨付きである程度の効果があるものと認定されている商品です。

ただ医薬部外品に指定されているものは「ある程度の効果」しか期待できない商品ともいえます。

そしてもう一つ問題なのが、医薬部外品に認定されるためには定められた成分を使うことや配合濃度に制限があるという点です。

最新の育毛成分や配合濃度を使って本当に効果のある育毛剤を作りたくてもこの制限が「足かせ」となる場合があるのです。

Deeper3Dはこの制限よりも育毛効果を追求した育毛美容液です。(医薬部外品でないため育毛剤とは呼びません)

言わば育毛剤を越えた育毛成分を備えた商品なのです。

値段は安くはありませんが、本気で効果を実感したい方には最もおすすめの商品です。

Deeper3Dは全額返金保障制度もあるので万が一合わない場合でも安心です。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ