おおっ効果が!Deeper3Dを半年使い倒した結果を口コミ

Deeper3Dを使い始めて半年以上が経過しました♪

Deeper3Dの効果をしっかり検証するために、育毛が最も難しいといわれる生え際・M字はげ部分の観察を毎日行ってきました。

この部分にはDeeper3D以外の育毛剤は使用せず、タブレットやミノキシジルなどの医薬品ももちろん使っていません。
つまり、Deeper3Dだけのチカラでどれだけ育毛効果が現れるか検証したわけです。

また実際にやってみて気がついたのですが、生え際部分の観察は頭頂部などの部分と比較して変化がわかりやすく、ごまかしのきかない部分です。

効果や他の育毛剤を比較してどうかなど感じたことをメリットデメリット含めて口コミします。

Deeper3DのM字はげへの効果

生え際M字はげ育毛剤
(クリックで拡大します)

上の画像はDeeper3Dの使い始めの頃と3ヶ月後のものです。
生え際付近の産毛が順調に成長していることが分かります。

画像を見て分かるかと思いますが、確かに改善されてはいるものの劇的な変化はありません。数ヶ月の使用ではこのくらいということです。

よく育毛剤の広告ですぐにM字はげが改善されるように謳っているものもありますが、実際には見た目の変化が出るまでは半年~1年くらいはかかると感じています。

1、2年続けることで緩やかに改善されていくのではないかと思います。

Deeper3Dや他の育毛剤を使えばすぐに劇的にフサフサになれると思っている方は買わない方がいいと思います。

確実に一歩ずつ薄毛を改善していきたい方にお勧めです。



Deeper3Dの頭頂部薄毛への効果

ではDeeper3Dはつむじ部分など頭頂部の薄毛にどの程度の効果を発揮してくれるのでしょうか。

比較論ですが、育毛が難しいM字・生え際部分でこれだけの効果が得られたので頭頂部への効果は更に高い改善ができるのではないかと感じています。

私自身以前頭頂部の分け目ハゲの育毛に努めたことがあり、その際は今回のM字部分よりも見た目に分かる改善ができました。
分け目はげへの育毛剤の効果実績

頭皮の状況を見ても頭頂部の薄毛改善はし易そうに思えます。
以下の頭皮画像をご覧ください。

正常な髪密度フサフサ

これはマイクロスコープで撮影したブログ管理人の頭皮画像です。正常に生えているサイド部分を撮影しました。
髪の毛の密度が均一な上に一つの毛穴から2本や3本の毛がしっかり生えているのが分かります。
また髪の毛の太さも太いです。
さらに頭皮の色味も健康的で程よく保湿されており乾燥していません。

このような頭皮状況が地肌の見えない、かつボリュームのある頭髪を形成します。

一方でM字はげ部分はこのような状況です。
生え際の髪密度M字はげ
一目瞭然です。
毛穴の分布密度は健康的な頭皮部分と同じですがほとんど毛穴から1本しか髪の毛が出ていません。
毛の太さも細く貧弱ですね。
肌の色も赤みがかっていて健康な発毛を促進するような環境とはいえません。

ただ毛穴はまだ生きているので今後もDeeper3Dを使って髪の毛を太くし、毛穴から2本以上の髪の毛が生まれるよう育毛していきたいと思っています。

いずれにしてもこの部分は苦戦を強いられる環境であることは納得いただけるかと思います。

最後にうっすらと頭頂部の薄毛になっている方の頭皮画像です。
頭頂部スカスカ
毛穴からの髪の毛の本数は1本しか出ていないものが多いものの髪の毛の太さ頭皮の肌環境は私のM字はげ部分と比較しても良好です。
健康な髪の毛を生やすには頭皮環境の良さは重要なので育毛しやすいといえます。

もちろん頭頂部薄毛の度合いは人それぞれ異なるため頭皮の状況も違いますが、薄毛に気がついたらすぐに育毛に取り組むことで改善できる可能性は高いということが分かります。

確実に改善したい!

育毛剤は安い買い物ではないので百均の商品のように気軽に試し買いできるものではありませんが、自分にも効果があるかどうかを知りたいところだと思います。

当ブログ管理人一個人としてはDeeper3Dは育毛する上で大いに効果を発揮したと思っています。

でもこの効果は人それぞれ異なると思います。薄毛の度合いや頭皮の肌質は人それぞれ異なるからです。

ただ一つだけ確実なのは、肌が露出するほど薄毛になっている状態であれば、元のフサフサの状態にすることは不可能だということです。

繰り返しになりますが毎日朝晩Deeper3Dをしっかり使用して、数ヶ月後に少しの変化が得られる程度です。

私の場合はそうでしたが、当育毛剤ブログを見てくださっている方全員に同じ効果は得られないでしょう。私よりも改善される方もいれば全く改善されない方もいると思います、結果的に。

ただ配合物はAGAクリニックの薄毛治療で使われる成長因子キャピキシルなど髪の毛の細胞分裂を促す成分や、頭皮の血行促進を促す成分など他の育毛剤と同様、髪の毛の成長を元気にさせる成分が入っています。

なので試してみるに足る理由は揃っています。最初からあきらめるにはもったいないと思います。
だめもとでもまずは数ヶ月試してみるのはいかがでしょうか。

Deeper3Dの口コミ

ここまでをまとめますとDeeper3Dはこんな育毛液です。

●私の場合M字はげにも効果を感じられた。
●頭頂部の薄毛にはもっと効果が期待できると考えられる。
●成長因子など試してみる価値のある成分が配合されている。

と、良いこと尽くしのように感じるかと思います。

私は育毛をしっかり始めてから2年目に入っていますが、この間チャップアップブブカ等の育毛剤も使ってきました。

Deeper3Dを購入したのは確かに正解だったと感じていますが、他の育毛剤とは異なるデメリットも同時に感じました。

そのデメリットもじっくりまとめていきたいと思います。購入検討の参考にしてみてください。

Deeper3Dの価格

1万円前後で購入できる育毛剤と比較してDeeper3Dは1万円後半なので高いです。

どのくらいの期間で効果が出るか

最初の1か月は何の変化も感じませんでした。ただ塗布するとスーッとするので効いてるんだろうなーとは感じつつも鏡で頭皮を確認しても変化は感じません。

でもほぼ毎日塗布してマッサージを続けていきました。

初めて肉眼で効果を確認できたのは2か月近く経ったときのことです。

ある日いつものように鏡で変化を確認してみるとおでこに今までなかった毛がいつの間にかに生えていました。

しかも今の生え際ラインよりだいぶ下です。もともとこのあたりまで髪が生えていたということなんでしょうね(泣)

そして他にもM字はげのえぐれた部分にも無数の毛が確認できます。見た目としては小さな変化ですが、確かに生えてきたというのは大きな出来事です!

ここまでは時間がかかりましたが、ここまでくれば後は生えて来た毛をしっかり成長させることではげを解消できそうです。

このように小さな変化の確認までは2か月、さらにちゃんとした変化を得るにはやはり今後数か月はかかりそうです。

植物に例えるなら2か月経過した時点でやっと芽が出てきたような感じです。

確かな変化ではあるのですがこれらの芽をさらに成長させもじゃもじゃにしていくにはもう少し時間がかかります。

公式サイトでも6か月または12か月の使用で大きな満足が得られたアンケート結果が出ています。

それで私もDeeper3Dを購入予定の方には6か月を育毛のワンクールにして必要な本数をまとめ買いすることをおすすめしています。

まとめ買いをすると1回の支払いは大きなお金になるのであくまで予算に合えばなのですがかなりお得です。

まとめ買いの量によって割引率も上がるので使い終わるごとに1本1本購入していくよりも断然安いです。(もちろんまとめ買いの場合も全額返金保証制度があります)

6か月でどのくらい必要か

これは薄毛のエリアが広いかどうかにより変わります。

内容量は1本60mlです。スポイトには0.5mlと1mlの目盛りがあるので適量をとることができます。

1日1mlずつ使えば2か月ほど使用できます。

ちなみに私の場合消費している1回の量はM字ハゲの片側だけで0.25mlほどです。

M字はげ部分とつむじ周辺の両方を育毛する場合は1回で1mlは使用しそうです。

頭の上の部分全体的に塗布しようとするなら1mlかそれ以上は消費しそうです。

また公式サイトでは一日に2回の塗布を推奨しているので、仮に1回0.5mlを消費すると、、、、

1日の消費量=1ml
6か月で使用す本数=3本

になります。

もし1回の使用量が1mlになると、、、、

1日の消費量=2ml
6か月で使用する本数=6本

となります。

Deeper3Dのデメリット

配合成分を考えればDeeper3Dは理想的な育毛美容液です。

とはいえ使いやすさや価格など、実際に使い続けてみて感じたデメリットもありますので口コミします。

特徴的な容器

まずはちょっと変わった容器だという点です。多くの育毛剤の容器はプラスチック製だと思いますがDeeper3Dの容器はガラスでできていて重厚感があります。

そして容器のキャップ部分がキャップ兼スポイトになっていて、このスポイトを使ってボトル内の液体から塗布に必要な量を吸い取ります。

このようにちょっとひと手間かかります。

たとえば育毛剤ブブカの容器はプラスチック製でキャップを開けたらノズルが出ています。(木工用ボンドの容器に似ている)

あとはそのまま頭皮に塗布するだけなのでとても簡単です。

Deeper3Dと比較すればブブカは使いやすい容器だといえます。

だからといってDeeper3Dが使いづらいとまで感じるわけではありません。

むしろM字はげ部分など髪の毛が無い部分は液ダレしやすい場所なので液体の排出量をコントロールしなければなりませんが、Deeper3Dのスポイトは排出量を高い精度でコントロールでき、塗布したい場所にピンポイントで塗布したい量を塗布できるという点は素晴らしいです。

でもガラス製なのでもし落としでもしたら、ガチャーン・・・と割れて、おしまいです。

なので初めて使う方は最初のうちは特に慎重に使ってください。

他の育毛剤でもなくDeeper3Dにしたワケ

Deeper3Dを試そうと思ったいきさつをお話したいと思います。

私はDeeper3Dを使う以前にもいくつかの育毛剤を使ってきました。

このサイトのトップページを見ていただければと思うのですが、これまで使用してきた育毛剤でも満足の、納得の効果を感じることができました。

ただもっと効果が現れる育毛剤があるならほしいと思っていました。

Deeper3Dの存在を知る前は別の育毛剤が購入の候補に挙がっていましたが、どの育毛剤の成分もこれまで使ってきた物と似ていて今一つ「使ってみたい!」と思うような育毛剤には出会えませんでした。

色んな育毛剤の特徴や薄毛治療の方法を調べていく過程で「成長因子」という物質の存在とその効果を知り、それが配合されているのがDeeper3Dだと知ってからはDeeper3D一択になり素直に試してみたい!と思い購入に踏み切りました。

他の育毛剤と効果を比較して

他の育毛剤とDeeper3Dを比較した個人的な感想ですが、もし次に購入する育毛剤をこれまでに使ってきた育毛剤の中から選ぶとすれば私ならDeeper3Dを選ぶと思います。

なぜならM字はげに効果を実感できた唯一の育毛美容液だからです。

そして配合成分のスペックが他の育毛剤と比較して高いことも理由の一つです。

そもそもDeeper3Dを除けば「成長因子」の入っている育毛剤はほぼ皆無です。育毛剤のサイトでよく宣伝されているトレンドの育毛剤や私が使ってきた育毛剤にも成長因子は入っていません。

また最近の医薬部外品育毛剤は医薬品ミノキシジルに匹敵する成分が配合されていますが、Deeper3Dに入っているのはミノキシジルの3倍の成長力が確認された「キャピキシル」が成長因子とは別に配合されています。

効果を望むならDeeper3Dを試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ